分析測定サービス
分析測定サービス

絶縁油中PCB検査

廃電機器等の絶縁油に含まれるPCB濃度を測定します

燃えにくく絶縁性に優れたPCB(ポリ塩化ビフェニル)は、トランスやコンデンサなどの電気機器の絶縁油として長年使用されてきましが、有害性が認められ昭和47年に製造中止になっています。2001年7月15日に「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特措法)」が施行され、保管する事業者はPCB含有の有無について確認し、基準を超えて含有している場合はPCB廃棄物として届出を行うことが必要となりました。また、PCB廃棄物を保管する事業者は、2027年3月31日までの処理が義務づけられています。PCB含有検査につきましては、お気軽に当社営業までお問い合わせください。

PCB廃棄物となる濃度基準

目 標 説 明
PCB濃度
0.5mg/kg以下
汚染の可能性のある廃電気機器等(コンデンサ等)について、絶縁油が封入されている機器毎にPCB濃度を測定しなければなりません。

リンク